発電施設 導入のポイント

 木質バイオマスを発電施設で導入する際に、重要となるポイントとして、「木質バイオマス燃料」「資金コスト面」「法令関連」「系統接続」などが挙げられます。

木質バイオマス燃料

導入する機器と燃料のマッチングを明確にする

発電施設に導入する設備の中には、燃料の形状や水分(%)(燃料に含まれる水分の割合)などに制限があるケースがある

投入する燃料(間伐材等、一般、建設廃材)の性質に見合った設備を導入する

燃料の供給体制を整備する

発電事業は基幹事業であるため、燃料の不足に陥らない体制を作っておく

木質バイオマス燃料の特性を理解し、燃料の供給計画に配慮する

関係者との調整を十分図る


資金・コスト面

投入する燃料(間伐材等、一般、建設廃材)ごとに、売電価格は異なる

実情に見合った計画を立てる

「燃料の供給能力」 「発電事業における定格出力」等を勘案する

発電所の立地場所によっては、 費用負担が増大するケースがある

立地条件に見合う場所を選定する

立地の際に検討すべき事項

  • 「燃料調達面」
  • 「環境保全・地域環境面」
  • 「送電面」等

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~