グリーン投資減税(木質バイオマス利用設備)

 エネルギー環境負荷低減推進税制(グリーン投資減税)の対象設備に、2016年度から木質バイオマス利用設備が新たに追加されました。当協会では平成28年度林野庁補助事業にて、本税制の普及促進活動を実施しており、この度チラシが完成いたしました。ぜひご活用ください。

グリーン投資減税(木質バイオマス利用設備)
JWBA_greeninvest2016.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 809.9 KB

対象者と制度概要

対象者

 青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合

制度概要

以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できる。

  1. 普通償却に加えて、取得価額の30%相当の特別償却
  2. 中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除

対象設備

 ◯下記の設備を利用するもののうち、「発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドライン」(証明ガイドライン)における「間伐材等由来の木質バイオマス」(間伐材等)及び「一般木質バイオマス」(一般)として証明されている木質バイオマス燃料の占める割合が利用率が80%を超えていること。

  • 発電設備・・・・2万kW以下の設備
  • 熱供給装置・・・160GJ/h以下の設備

 ◯上記設備と同時に導入する下記の設備も対象となる。

【共通】
 破砕機、乾燥機、選別機、固形機、燃料貯蔵設備、受入装置、搬送装置、計量装置、制御装置、熱交換器、灰処理装置、ばい煙処理装置、排ガス処理装置、ポンプ又は配管
冷却装置
【発電装置】
 復水器、ガス貯蔵装置、蓄電装置、直交変換装置、系統連系用保護装置
【熱利用装置】
 蓄熱機、供給導管

(※磁選機その他主として建設廃材を利用する場合に必要な機器を有する場合は対象外)

<参考>平成28年度グリーン投資減税対象設備

対象設備 機械その他の減価償却資産
新エネルギー利用設備等
  • 太陽光発電設備(10kW以上のFIT認定外設備)
  • 風力発電設備(1万kW以上のFIT認定設備)
  • 中小水力発電設備(3万kW未満)
  • 地熱発電設備(1000kW以上)
  • 下水熱利用設備(管内設置型)
  • バイオマス利用装置
    • 木質バイオマス発電設備(2万kW未満)
    • 木質バイオマス熱供給装置(160GJ/h未満)
    • バイオマス利用メタンガス製造装置
    • バイオマスエタノール製造装置
    • 下水汚泥固形燃料貯蔵設備
二酸化炭素排出抑制設備等
  • コンバインドサイクル発電ガスタービン
  • プラグインハイブリッド自動車
  • エネルギー回生型ハイブリッド自動車
  • 電気自動車

対象条件

  1. 対象となる設備について、「エネルギー環境負荷低減推進設備仕様等確認書」等を、(一社)日本木質バイオマスエネルギー協会(以下、協会)に提出する。
  2. 対象となる設備で利用した木質バイオマス燃料について、「木質バイオマス使用状況報告書」を年1回、協会に報告する。(2年間)
  • 木質バイオマス使用状況報告書には、燃料の種類、使用量等を記入する。
  • 燃料のうち、証明ガイドラインにおける「間伐材等」及び「一般」木質バイオマスの利用量が、全体の燃料利用量の80%を超える必要がある。

グリーン投資減税 木質バイオマス利用設備の確認スキーム

詳細情報

必要書式ダウンロード

  • グリーン投資減税【別表1-6-1】木質バイオマス発電設備 確認制度 ご利用方法
  • グリーン投資減税【別表1-6-2】木質バイオマス熱供給装置 確認制度 ご利用方法
実施要領(PDF形式:171KB)
betu1-4.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 170.3 KB
様式1(WORD形式:115KB)
betu1_y01.doc
Microsoftワード文書 114.5 KB
様式1(別紙)(EXCEL形式:38KB)
betu1_y01_b01.xls
Microsoft Excelシート 37.5 KB
様式2(EXCEL形式:20KB)
betu1_y02.xlsx
Microsoft Excelシート 19.9 KB

お問い合わせ先

 一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会

TEL:03-6240-1234(相談窓口) / FAX:03-5817-8492

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~