【ニュース】当協会が提言した「木質バイオマス熱利用の加速度的な拡大について」の一部が関係省庁の補助事業の公募要件の中で実現しました

 資源エネルギー庁と環境省は、現在公募を行っている「平成30年度地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金」(実施主体:環境共創イニシアチブ)と「平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」(実施主体:日本環境協会)のバイオマス熱利用設備の公募要件として示していた「熱供給能力111kW(0.40GJ/h) 以上」の要件を撤廃いたしました。
 これは、弊協会が2017(平成29)年度に部会活動としてとりまとめた提言書「木質バイオマス熱利用の加速度的な拡大について」をご検討戴いたものです。
 これからも、弊協会では皆様の声の実現に取り組んでまいります。

 

【参考資料】
●「平成30年度 地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金(再生可能エネルギー熱事業者支援事業)補助金」の申請について(3次公募)
 https://sii.or.jp/re_energy30/note3.html
●「平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再生可能エネルギー電気・熱自立的普及促進事業)」に係る第二次公募要領等について
 http://www.jeas.or.jp/activ/prom_20_07.html

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~