熱利用施設 導入のポイント

 木質バイオマスを熱利用施設で導入する際には、その目的と期待する効果を明確にする必要があります。
 特に重視するポイントとしては、『経済性・事業性の検討』『規模の適正化』『燃料の見極め』『適切な運用・管理』などが挙げられます。


熱利用の主な用途

 熱利用の使用形態としては、「温水」「蒸気」「温風」などがあります。
 水を加温する「温水」利用の場合、主に、暖房や給湯、加温などの用途で、温浴施設、福祉施設、宿泊施設等に導入されています。
 水を蒸発させる「蒸気」利用の場合、木材乾燥や暖房、消毒などの用途で、木材加工施設や工業施設、熱供給施設等で用いられています。
 空気を暖める「温風」利用では、ハウス栽培を行う農家で用いられています。


動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~