日本の森林はいま

 日本は、国土の約3分の2が森林に覆われた世界有数の森林国です。日本の森林面積は2,500万ha(うち人工林は1,000万ha)と、本州(2,310万ha)よりも広い面積を有しています。
 森林資源を示す、森林蓄積量は約49億m3と、30年前から倍増するほど充実しており、毎年8千万m3増加しているのです。
 また、木質バイオマスの利用状況をみると、家や家具等の製材を作る工場から出される端材や木くず、家や建物を取り壊した際に発生する建築発生木材は活用されています力文森を整備するために伐採した木々(間伐材等)は、収集・ 運搬コストがかかることから、山に放置されるものも多く、それらはほとんど利用されていません。

「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。そのなかで、木材からなるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。

活用が待たれる森林資源

 木材の利用は、快適な住環境の形成や地域経済の活性化につながるのみならず、地球温暖化の防止にも貢献します。
 特に、国産材の利用は、「植える→育てる→使う→植える」というサイクルを維持して、森林の有する多面的機能を持続的に発揮させるとともに、山元に収益が還元され、地域の活性化にもつながります。

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~