小規模木質バイオマス発電のすすめ

 2012年の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)施行以降、全国で木質バイオマス発電事業化の動きが活発化し、5,000kW級以上の発電所が各地で計画・運転を開始しています。
 IT制度にて認定を受けている木質バイオマス発電のうち、国内で発生する間伐材などの未利用木質バイオマス燃料がメインとなっている発電所は、56ヶ所(2015年10月時点)と全国各地に広がりました。このうち、7割以上が5,000kW以上の規模であり、これらの木質バイオマス発電所を稼働させるには、多くの木質バイオマス燃料が必要な状況となっており、燃料の集荷範囲が数十km圏と広くなっています。
 一方で、燃料調達の面からは集荷範囲を狭め、よりコンパクトな規模で行う「小規模木質バイオマス発電」への期待が高まっています。小規模発電は発生する排熱を周辺で利用することもでき、木材の持つエネルギーをフルに活用することもできる環境に優れた技術です。コンパクトなエリアで地域主導での事業形成が可能で、小規模発電による地産地消エネルギーの分散化が進むことで、地域の活性化にも効果が期待されます。

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~