ガス化システム概要

 ガス化システムは、木質バイオマスをチップ化または、ペレット化した燃料を使用し、熱分解・還元反応 によりガス化し、そのガスを燃料として、エンジンで発電を行うシステムです。
 この方式の小型(発電能力20〜400kW)のクラスは欧米において1,000基以上の豊富な実績を有し、東南アジアでも盛んに開発導入され始めています。また、2MWのクラスも実績は少ないですが、欧州で稼働しています。
 ガス化発電は小規模でも発電効率が20〜30%と高いのが特徴です。さらに、発電出力に対して2〜2.5倍 の熱が回収され、総合効率は70〜80%になります。熱は80〜90℃の温水として供給され、地域熱供給、 給湯、冷暖房、温泉・プールの加温、温室の冷暖房、食品加工、木材加工などに利用され、小規模な地産 地消型のエネルギーシステムに適しており、欧州では数百もの事例があります。
 商業化された小型ガス化システムは燃料と空気の流れ方により大きく固定床式(移動床式)と流動床式に分類されます。固定床式(移動床式)では下向並行流型(ダウンドラフト型)の Spanne(r スパナー)社や
 Volte(r ヴォルター)社、上向並行流型では Burkhard(t ブルクハルト)社、下向並行流型と上向並行流型の 混合型(A.H.T社)、上向行流型(アップドラフト型)では Babcok & Wilcox Vølund(フェルント)社などがあります。流動床式では循環流動床型の Gussing Renewable Energy(ギュッシング リニューアブル エナジー)社や Tyssenkrup Otto(ティッセンクルップ オットー)社などがあります。

技術特性

  • 小規模でも発電効率は22〜30%と高い
  • 熱と合わせた総合エネルギー効率は70〜80%と高い
  • 炉内に可動機械部分がなく、機械的トラブルが少ない
  • オペレーターの常駐が不要
  • 必要な有資格者は電気主任技術者のみ
  • 設備がシンプルでコンパクトであり、設置面積が少ない
  • 標準型設備を複数台並べることで、出力を増加することが容易

導入要件・仕様例

導入イメージ

 ガス化発電は、規模が小さいことから、小規模の熱利用でも転用することができることが特徴で、国内でも温浴施設や宿泊施設などに熱供給して導入されているケースがあります。そのほか、温水を利用した熱利用が想定され、木質燃料の乾燥設備やハウス栽培などの農林業関連の利用も検討する余地があります。

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~