3. 発電機に関する項目

3-1.業種別・種類別発電機数

発電機総数232基の熱電利用区分は、「電力のみ」が151基(65%)、「熱電供給」が81基(35%)です。

3-1.業種別・種類別発電機数

発電機総数232基の種類別では、「蒸気タービンシステム」が208基(熱電供給64基)、「ORCシステム」が1基、「ガス化システム」が18基(熱電供給15基)、「その他」が5基(熱電供給2基)です。「蒸気タービン」の業種別区分は、「製造業」が64%、「電気・ガス・熱供給・水道業」が29%、「生活関連サービス・娯楽業」が2.6%です。

3-2. 用途別発電機数

発電機総数232基の内、「自社又は自社関連施設内等」で利用している発電機数は127基(55%)、「売電」している発電機数は82基(35%)、 「自社又は自社関連施設内等で利用及び売電」は18基(8%) です。 「自社又は自社関連施設内等」の業種別で多いのは、「製造業」で105基(83%)、「売電」の業種別で多いのは、 「電気・ガス・熱供給・水道業」で63基(77%)です。

3-3. 従業員規模階層別事業所数及び発電機数

発電施設を持っている151事業所で、従業員規模が最も多いのは、「200人以上」の40事業所、次いで「10~19人」・「100~199人」が31事業所です。発電機数232基のうち、従業員「200人以上」の事業所が76基、 「100~199人」が45基、 「20~49人」 が36基、 「10~19人」 が34基です。

3-4.出力規模階層別発電機数

発電機数232基を出力規模で分類すると、「999kw以下」の出力規模の発電機数は58基、次いで「50,000~99,999kw」が31基、「5,000~9,999kw」と「100,000kw以上」が30基、「10,000~19,999kw」が28基、「20,000~49,999」が27基です。

3-5.発電機の種類別平均出力規模

発電機数232基の平均出力規模は、66,833kwです。発電機の種類別出力規模は「蒸気タービンシステム」の出力が74,526kw、「ORCシステム」が20kw、「ガス化システム」が171kw、「その他」が153kwです。

3-6.使用年数階層別発電機数

発電機数232基の使用年数は、「2010~2015年」が69基(30%)、「2005~2009年」が46基(20%)で、2005年以降が全体の50%になります。「1995~2004年」が42基(18%)、 「1984年以前」が43基(19%) です。

3-7.出力規模階層別平均稼働日数、時間

発電施設の平均稼動日数は、286.5日/年で、出力規模「2000kw以上」の平均稼動日数は328.6日/年です。1日当たりの平均稼働時間は22.1時間/日です。出力規模「999
kw以下」の平均稼働日数は213.3日/年で、一日当たりの稼働時間は17.2時間/日で、共に平均より下回ります。

3-8.業種別補助金等活用数

発電施設の導入に補助金を活用した15基の内、林野庁補助金は14基です。林野庁補助金を活用した事業体の業種別では、「電気・ガス・熱供給・水道業」が9基(64%)、「製造業」が4基(29%)です。林野庁以外の補助金を活用した1基の業種別区分は「生活関連サービス・娯楽業」です。

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~