「地域内エコシステム」構築事業のうち技術開発に関連する事業のご紹介

1. 事業の趣旨

 地域の森林資源の持続的な活用を図る「地域内エコシステム」の構築に資する木質バイオマスのエネルギー利用システム(小規模な熱利用や熱電併給等)の普及に必要となる小規模な技術開発・改良、実証等を行います。

2. 事業の概要

(1)「地域内エコシステム」技術開発・実証事業

 上記事業の主旨に基づき、下記の具体的な取り組みを実施します。

①実施する技術開発・改良、実証等の内容に関する知見を有する有識者等からなる検討委員会を設置・運営します。
②試作装置の設計・製作・改良を行います。
③試作装置の稼働に係る実証試験・分析を行います。
④①~③までの成果についてとりまとめ、事業報告書を作成します。

なお、本事業の実施にあたり、下記「地域内エコシステム」技術開発等支援事業で実施する委員会からの指導・助言を受ける必要があります。

(2)「地域内エコシステム」技術開発等支援事業

 (1)の事業の適切な実施を目的として、木質バイオマスに係る学識経験者等からなる委員会を設置・運営します。
 同委員会では、事業を実施する事業者に対して、技術面、安全面、関係法令の遵守等に係る指導・助言を行います(1回以上の現地指導を含む)。
 また、(1)の事業の成果をとりまとめ、成果報告会等を通じ、広く普及・PRを行います。

3. 採択事業者一覧

(1)「地域内エコシステム」技術開発・実証事業

各年度事業については、専用ページにてご紹介しております。下記リンクよりご覧ください。

(2)「地域内エコシステム」技術開発等支援事業

採択事業者

平成30年度
 ・一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会

4. 今後の予定

 成果報告会は2019年2月下旬に実施する予定です。詳細が決まりましたら改めてお知らせします。

同事業に関する問い合わせ先

参考情報

 本事業の前身事業「木質バイオマス加工・利用システム開発事業」(平成26~29年度)については、下記よりご覧ください。

 木質バイオマス加工・利用システム開発事業

動画:木質バイオマスエネルギー ~日本の森林を活かして 地球温暖化を救え!~